« 成田空港 NRT ANA Lounge | トップページ | シンガポール Beach Road Prawn Noodle House 海老ラーメン »

2016年7月20日 (水)

ANA ビジネスクラス NRT-SIN 郷土料理 鹿児島

Blogimg_5124_2

ANA ビジネスクラス を成田からシンガポールまで利用しました。今回の機材は、777−300ERで前回羽田から利用したB787のビジネスクラスシートより遥かによかったです。

頂いた郷土料理 鹿児島は、工夫されていました。外国人が食べても美味しいと思ってくれるのではないかと思います。

Blogimg_5138

アミューズ

銀鮭の昆布巻き 彩り穴子寄せ ターメリック風味のマヨネーズソース
コーンテリーヌ ミニグリッシーニと生ハム
2種類のオリーブとチーズ ハーブオイルとともに

頂いたワインは、シャンパーニュ カナール デュシェーヌ

ハムに巻いてあるミニグリッシーニは少し湿気っていたのが残念ですが、その他のものは、シャンパンによく合いました。

Amuse
Coho Salmon Rolled with kombu-kelp
Conger eel aspic with turmeric flavored mayonnaise sauce Corn terrine
Mini Grissini with Uncured ham Two kinds of olive and cheese with herb oil

Champagne Canard Duchene Cuvee Leonie Brut

10_2

郷土料理 鹿児島 を選びました。

前菜
きびなご酢〆 たかえび黒酢餡 にがごりの佃煮
鰹はらかわ塩焼き オクラ胡麻和え

鰹はらかわ塩焼きは、日本酒に合いました。

Silver stripe round herring in vinegar sauce
Deep fried jack knife prawn with black vinegar thick broth
Simmered bitter melon in soy based sauce
Salt grilled bonito Dressed Okra with sesame paste

Blog1

小鉢
鰻ざく

Marinated eel and cucumber in bonito vinegar sauce

お造り
藁焼き鰹たたき

Frozen lightly rosted bonito

Blog3

合わせた日本酒は、雨後の月 特別純米 十三夜 相原酒造 広島

Ugonotsuki Tokubetsujunmai Jusanya Sake Aihara shuzo Hiroshima

程よく冷えたこのお酒、美味しい和食とともにグビグビ飲んでしまいました。

Blogimg_5147_4

主菜

鹿児島県産 黒豚の黒酢煮 
ご飯(鹿児島県伊佐産 あきほなみ)、味噌汁 香の物 

Simmered Kagoshima Berkshire pork in soy based black vinegar sauce

Blogimg_5148_2

お肉は非常に柔らかく、程よい黒酢の酸味でご飯が進みました。

Blogimg_5150

ご飯は柔らかく、水分も十分ありました。機内でよくある乾燥した感じはありません。

Blogimg_5151

お味噌汁

Blogimg_5152

食後は、チーズとワイン

ワインは、Pieza El Caidero 2011Spain

しっかりとした味わいでチーズに良く合いました。

Blog5

デザートの ピーチムースタルト。

タルト生地がサクサクで、ピーチのムースがふんわり柔らかく、甘さもちょうどよかったです。

Blogimg_5154

コーヒー 

エスプレッソなどは、ファーストクラスしかないのがちょっと残念です。

シンガポール航空のビジネスクラスでは、illy coffee のエスプレッソなど数多くのコーヒーを楽しめます。

Blogimg_5155

食後酒。

この後は到着の45分のアナウンスまで、爆睡でした。

Blogimg_5110

座席は仕切られているのでプライベートな空間です。窓側のほうが、よりプライベート感があると思います。

Blogimg_5111_2

190cm 近い私ですが、フラット状態にすると少し長さが足りませんでした。

しかしながら、食事面についていえば、かなりレベルが高かったと思います。

同路線のファーストクラスを利用したことがありますが、これだけのプライベート感があれば、大きく変わるかといえばそうではないかもしれません。

一つ残念だったのは、寝返りの打ちにくさです。どうしても寝返りを打つときに足が上のテーブルに当たってしまいます。

その点では、キャセイの長距離用のビジネスクラスのほうがいいと思います。さらに、ゆったり感がよりあるのは、シンガポール航空のA380や一部のB777のビジネスクラスですが、寝るときにいちいち、シートを倒さなくてはいけない面倒臭さがありますし、クルーのサービスの丁寧さを比べると、ANAに軍配があがる気がします。

ANAのB787やB767の中距離型ビジネスクラスのシートは、かなりイマイチなので、いくら食事がよくても乗る気がしませんが、今回のフライトはとても満足いくものでした。

ANA ファーストクラス NRT-SIN の模様はこちらへ

キャセイのビジネスクラスの模様はこちらへ

シンガポール航空のビジネスクラスの模様はこちらへ

Blogimg_5115

« 成田空港 NRT ANA Lounge | トップページ | シンガポール Beach Road Prawn Noodle House 海老ラーメン »

☆ おすすめ」カテゴリの記事

料理 日本」カテゴリの記事

料理 機内食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544853/63966332

この記事へのトラックバック一覧です: ANA ビジネスクラス NRT-SIN 郷土料理 鹿児島:

« 成田空港 NRT ANA Lounge | トップページ | シンガポール Beach Road Prawn Noodle House 海老ラーメン »

カテゴリー

無料ブログはココログ