« シドニー 日本料理 Osaka on Stanley | トップページ | シンガポール T3 Silverkris Lounge シルバークリスラウンジ »

2013年6月14日 (金)

シンガポール 鮨 Shinji by Kanesaka @ Raffles Hotel ラッフルズ

Photo

シンガポールのラッフルズホテルにある Shinji by Kanesaka に行ってきました。お店の名前は、金坂真次氏のフルネーム。金坂氏は 銀座で 鮨 かねさかを営業しています。

シンガポールの高級店で食べるお鮨は初めてでとても楽しみにしていました。
Shinji by Kanesaka
6338 6138

お店の雰囲気は、日本そのもの。

ちょっと違うのはお店の規模カウンターがやたらと大きく、17人くらい同時に入れるそうです。相当な規模だなと思いました。更に、奥に個室のプライベートカウンター8席とお座敷があるそうです。

2軒から3軒のお鮨屋さんが、入るイメージですね。
お客様の80%が外国人で、20% が日本人だそうです。

私が入ったときはまだ他のお客様がいませんでしたが、30分くらいしたら満席になりました。

お魚は週に4回夜の便で、羽田を出発し朝シンガポールについて通関後お店に入ってくるとのことでした。ほとんど日本と変わらないクオリティーでだせるのだそうです。

今回頂いたランチメニュー 「雪」

もちろん安くはないですが、ほぼ日本と同じ価格で、日本からの空輸された美味しい新鮮なお鮨を楽しめます。シンガポールの魚事情を考えるととかえってお得と思える値段設定ではないかと思いました。

ただ、日本酒の値段設定は、日本よりはるかに高いです。


カレイ

たい
いか
しまあじ
中トロ
しもふり
あじ
づけ
かます
にはまぐり
うに
こはだ
ねぎとろ
べったら
あなご
卵焼き
海苔巻き

ほぼ日本で食べるのと同じ高いクオリティーです。銀座にある「鮨 かねさか」と同じかどうかはわかりません。

いろいろな好みを持った多国籍な17人が、同時に入ってしまうと高級店の雰囲気からバタバタとした普通のお鮨屋さんの雰囲気に変わってしまいますが、シンガポールで美味しいお鮨が食べたくなったときに、日本に帰らなくても食べられるのはいいと思いました。

お店を出た時に歴史あるラッフルズ・ホテルの雰囲気とシンガポールのむーんと暑い気候、そして、口の中に残る日本の魚の味のミスマッチが、なんとも言えない感じでした。


Shinji by Kanesaka
6338 6138

« シドニー 日本料理 Osaka on Stanley | トップページ | シンガポール T3 Silverkris Lounge シルバークリスラウンジ »

☆☆ 強くおすすめ」カテゴリの記事

シンガポール 」カテゴリの記事

料理 日本」カテゴリの記事

料理 日本 鮨 Sushi」カテゴリの記事

¥¥¥¥10000以上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544853/57591051

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール 鮨 Shinji by Kanesaka @ Raffles Hotel ラッフルズ:

« シドニー 日本料理 Osaka on Stanley | トップページ | シンガポール T3 Silverkris Lounge シルバークリスラウンジ »

カテゴリー

無料ブログはココログ