« ナイアガラ Zees Grill | トップページ | スペイン サンミゲル市場 Mercado de San Miguel »

2011年7月31日 (日)

パリ ミシュラン3つ星 Le Bristol (ブリストル) と Cafe constant (カフェ コンスタン)

 

R0016242

ミシュラン三ツ星で知られている Le Bristol でランチをしてきました。
ここのランチは、セットで100ユーロ。お皿数と内容を考慮するとかなりお得な価格といえます。

夜は、カフェ コンスタンで夕食を取りました。

どちらもおいしかったです。

Le bristol
01 53 43 43 00
www.lebristolparis.com
112 R fg st-honore

Cafe Constant
01 47 53 73 34
www.cafeconstant.com
139 rue saint dominique 75007

 

 

 

R0016245

メニュー。

席に着くと、シャンパンが運ばれてきて、グラスで注文しました。
その後メニューが来ます。定番の流れ。これからのランチに期待が膨らみます。

今回は、アラカルトではなく、ランチを食べることに。85ユーロで大変お得です。
量も申し分ありません。

R0016246

amuse-gueule

メニューを決めながら、Champagne とともに Amuse-gueule をいただきます。

R0016250

おいしいパンたち。
多くの種類のパンを選ぶことができます。
私はやはりバターによく合う Baguette が一番好きです。

R0016253

Beurre バターです。
これは本当においしいです。
バターを食べるためにパンを食べるイメージです。

R0016251

メニューが決定したとに少しすると出てくる、amuse-gueule

R0016252

出てくるタイミングが完璧です。これを食べているうちに、前菜を仕上げるのでしょう。

R0016255

料理名メモするのを忘れてしまいました。
赤いものはトマトのシャーベットです。
下の緑のものは忘れました。

ソースをかけてもらっていただきました。

小さく見えますが、お皿がとてつもなく大きいので、結構なボリュームがあります。

R0016257

冷たいトマトのシャーベットにも関わらず、かなり
トマトの味がすごかったです。
普通冷やすと味がなくなってしまう気がするのですが・・・

それにしても本当においしかったです。

R0016258

付け合せ?にピザのようなものをいただきました。

今回選んだワインは、Gevrey Chambertin を選びました。

R0016254

友人が選んだ料理。
おさかながゼリー状の中に入っています。味見させてもらいましたが、非常に繊細な味でした。

R0016263

私のメイン Bar(スズキ)です。

R0016264

上に載っているのが、couteau (マテ貝)です。
ちょうどよい塩気と食感が食欲をそそります。

スズキ自体も本当にふわふわで、ソースとの相性も抜群でした。

R0016262

友人の選んだメイン。

ノルマンディー産の牛肉。
すこしいただきましたが、お肉の味が本当にしっかりしていて、
それでいて脂ののりもちょうどよく、脂っぽさを感じさせないながらも
ジューシーさがあって、非常においしかったです。

R0016261

奥のドーナツのようなものは、pomme de terre ポテト です。
こちらは、お肉と打って変わってかなりしっかりしたお味でした。

アメリカでは、フライドポテトとかになってしまうのでしょうが、フランスでは工夫されています。

R0016266

fromage 盛り合わせ。

チーズがたくさん載ったワゴンから好きなものを選べます。かなりおなかいっぱいなので遠慮したつもりですが、結構なボリューム。

手前が、私の大好きな、Epoisses de Bourgogne。
残ったGevrey-Chambertin と非常によく合います。

左手がRoquefort これもまた本当においしいです。
日本で食べる輸入物とは、やっぱり違います。

R0016269_3

デザートの前のデザート
さっぱりとしていて、今までのおいしかったランチが終わって、デザートへの準備ができます。赤いのはキイチゴのゼリー。とてもおいしいです。

R0016271_2

そして、この夏のスペシャリテ。

ギャルソンが強く勧めてくれました。

R0016277

左上のは、水あめの中にビスタチオのムースのようなものが入ってます。壊すのがもったいないくらいでした。ただ、みずあめが非常に硬く、中だけでいいかなという感じでした。

R0016279

崩すとこんな感じです。

R0016281

デザートが終わり、コーヒーの前に口直し。ストロベリーのゼリーのようなもので、いっきに食べないとなかのソースが一気に飛び出してしまうので注意です。

R0016289

エスプレッソ やはりおいしいです。

R0016291

最後のマシュマロと、マカロン。

本当におなか一杯になります。これで、85ユーロとはかなりのお値打ちです。もちろんワインを飲むのでトータルでは高くなりますが・・・

R0016292

このホテル名物 ファロン君。
私たちがいっても、まるでまったくびくともしません。

R0016338

この後少し観光したのですが、食いしん坊の私は、おなかが空いてしまいます。ということで、エッフェル塔からほど近い、cafe constant へ。

ここは、小さな店ながら、何を食べてもはずれがないです。
いつも混んでいるのでタイミングを逃すと入れません。
バカンスシーズンは、お店がクローズなところが、多い中、空いているのはありがたいです。

既に夜の8時くらいですが、まだ明るいです。

R0016342

シンプルながら非常に内容の濃い一品。

R0016343

さすがに食べすぎなので、前菜はシェア

R0016344

私のメイン、canard カモ。
添えてある、マッシュポテトがかなりおいしかったです。
さすがフランスのバターで作ったのは違います。

R0016346

友人のメイン。Veau 子牛です。
かなりのボリュームでした。

R0016350

デザート。
これはシェアしました。

アイスクリームと、リンゴのタルトの組み合わせが最高でした。

これで、ワインを少し飲んで、二人で60ユーロ前後。
ブリストルのランチはお値打ちとはいえ、二人で、200ユーロ以上ですから、こういうビストロは本当にありがたい限りです。

日本ではブリストルのような高級店はありますが、こういう手軽に食べられるビストロはすくないようにおもえます。あってもビストロ風の割に一人5000円以上もしたりします。ワインを飲むとたちまち2万円近くいってしまい、雰囲気はビストロながら、値段はレストラン並みなお店が多いです。場所代なのかもしれませんが、もっとこうやって気軽に食べれたらいいのになと思いました。

R0016356

グルメな一日でした。夕焼けなのですが、10PM近いです。

パリは本当に素晴らしい街です。またいつかきたい。

三ツ星レストランの記事はこちらへ

パリの記事はこちらへ

« ナイアガラ Zees Grill | トップページ | スペイン サンミゲル市場 Mercado de San Miguel »

★★★ ミシュラン三ツ星」カテゴリの記事

★なし ミシュラン」カテゴリの記事

☆☆☆ 絶対おすすめ」カテゴリの記事

フランス パリ」カテゴリの記事

料理 フランス」カテゴリの記事

¥¥5000以下」カテゴリの記事

¥¥¥¥10000以上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544853/53920201

この記事へのトラックバック一覧です: パリ ミシュラン3つ星 Le Bristol (ブリストル) と Cafe constant (カフェ コンスタン) :

« ナイアガラ Zees Grill | トップページ | スペイン サンミゲル市場 Mercado de San Miguel »

カテゴリー